神奈川県海老名市在住の主婦が、地元の街の今をつぶやくよ♪
母がホームを移転しました
2017年04月14日 (金) | 編集 |
以前、このブログで、実母が老人ホームに入所したお話をしたと思うのですが、

この4月4日に市内の別のホームに移転させました。

母は、千葉で独身の弟と暮らしていましたが、
だんだん認知症が進み、夜の徘徊で何度か警察のお世話になってしまったため
私の住んでいる海老名市にある老人ホームで暮らしてもらおうと
去年の10月に入所してもらいました。

ヘビースモーカーである母が館内でも喫煙が許してもらえるホームを必死で探し、
やっと見つけたホームに連れて行くと、
母も気に入ってくれて、別れ際は笑顔でバイバイと手を振ってくれたので
ここで穏やかに暮らしてくれれば良いなと願っておりました。

が…
入所して初めて面会に行くと、喫煙できるからと選んだホームだったのに
入所して1回も煙草を吸わせてもらえていなかった様子。
ケアマネさんからは、吸っている煙草のニコチン量は低いものだから
思い切って禁煙させようと思いまして…との話
まあ、COPDがある母なので、常時、喉がヒューヒュー言って苦しそうだった為
楽に呼吸しているし、夜も良く寝れると母は言うので、
そのまま禁煙を頑張ってもらおうと承諾しました。

入所2週間ぐらいたった頃でしょうか?
2回の大きな転倒があり、足を痛めたため、しばらく寝たきりの様な状態に。
スタッフが目を離している時の徘徊中の事故だとの報告
幸い大腿骨などの骨折は無かったものの、しばらく動けなかったので
この時期にボケが、さらに進んでしまったと思われます。

年内に入ると…
徘徊中に
ある日は、頭をぶつけてたんこぶができました。
ある日は、顔を何かにぶつけて、目の周りに痣ができました。
ある日は、転倒してお尻に痣ができました。
との報告が頻繁にあり、
両手にも、しょっちゅう、なにかしらの痣をつくっていました。
その時々にホーム側に状況を確認すると
全ての痣の出来た状況が、スタッフは見ていない時に起きました。という報告。
それに対して、なんらかの対策を考えますという報告は一切なし。
会いに行くと、どこかしらに痣が出来ているのは、退所までずっと続きました。

70代の時に脳梗塞に2回なっているので、
梗塞の予防のために 血液さらさらのお薬を飲んでるため
痣が出来やすく大きくなってしまうのですが、
それにしても
毎回の派手な痣をみると、心が痛くなりましたし、
少しずつ施設への不信感が増していきました。


2月になって施設長より
夜間徘徊がひどく、他室入室などで、他の入所者さんに迷惑を掛けているので
落ち着かせるために認知症の薬を変えたいとのお話があり、
施設側のかかりつけ医より、抗精神病薬などの処方を受けました。

そのしばらくしてまた 施設長より、
薬を変えたけれども、徘徊は止まらない。
かかりつけ医から認知症が良くわかっている精神科を受診して
認知症系の薬のコントロールをしてもらって欲しいと要請があった。
との話があり、市外の病院に母を施設長同伴で連れて行きました。

受診後、ドクターは、
徘徊を止める薬は無い。
この処方には問題を感じる。
この施設の介護ケアにも疑問を感じる。
他の施設へ移すことを考えてはどうか?とのお話がありました。

ドクターからのこの話を受け
毎日のように痣を作っていて、
新しく処方された薬で、ぼんやりとしたうつろな表情になり
震えなどの副作用も出ている様子の母を見て

兄弟で話し合い、早急に転所させようと決め
精神科のドクターから紹介された老人ホーム紹介所「みんかい」に相談を始めました。

みんかいの担当者さんに今の状況をすべてお話し、
徘徊がひどい重度の認知症の母を
できるだけ認知症の薬を使わない方向で受け入れてくれる施設を
探して頂きました。

が、手のかかる母を看てあげるというホームは少なく
そして、
あったとしてもスタッフの数が多い手厚い介護の施設になるため入居料がかなり高い。
それでもなんとか候補の施設を2つに絞り、見学に行きました。

どちらの施設も
設備やスタッフの人数、食事、イベントの内容も今の施設とはかなり違いました。
お金があれば、より人として納得のいく生活ができるのだと思い知らされました。

48才で父に死なれてから、看護師として必死に働いて
私たちを育ててくれた母なので、最期は穏やかに暮らして欲しいとの
弟の決断もあり、この4月に移転となりました。

前の施設を非難するつもりはありません。
どんな施設でも絶対でないのは十分わかっています。
施設内の構造やシステム、人員に限界があるのもわかっています。
ましてや、母は、徘徊のひどい重度の認知症ですし…

ただ、
今回のことがあって悩んでいる時に読んだブログ記事↓にすごく共感しました

認知症の母を「しれっと」介護する息子のブログ 40からの遠距離介護
「ロールパンを小さくちぎるべき」老健に4000万円賠償を命ずるニュースを読んで

なにか事故が起こった場合、施設側対しに感謝や信頼の蓄積があれば、
事故に対しての怒りが、かなり相殺し、しかたないという気持ちも生まれるのでしょうが
日頃の信頼関係の積み重ねによる感謝の気持ちが無ければ、
怒りの収めどころが無くなるということなんだなと思いました。


新しい施設は、幸い
ホーム長さんをはじめ、スタッフの皆さんが頭が下がるほど、温かい方々で、
会いに行くと、昨日の母の状況をユーモアを交えながら楽しく報告して下さいます。

特に驚いたのが、
入所して1日目で、母をよく観察して下さりながら
こうしたいああしたいとのたくさんの介護の提案をして頂いたことです。
さらには
私からの「こうした方が…」という提案に対しても、「ああ!それは良いかも」と
早速試してみてくださるという柔軟性もあり。

また、母がこのホームで早く安心できるようにと
ホーム長さんが、ずーーと母に寄り添って徘徊に付き合ってくださっている様子。

そういう介護の様子を見て、何度もうれしくて泣きそうになりました。
このまま、母がこの温かい施設で、穏やかに暮らして行ければと本当に願うばかりです。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する