神奈川県海老名市在住の主婦が、地元の街の今をつぶやくよ♪
2016年01月18日 (月) | 編集 |

フジテレビアナウンサー出身の長谷川豊さん が
書かれた記事

「SMAP騒動の記事の読み方と僕の見立て」が、
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/46585633.html

一連のスポーツ紙記事の内容に違いがある理由を
とてもわかりやすく説明、そして深く分析してくれていて
興味深いです。


hasegawa.png





以下は、上の記事を読んで私が思ったこと…。

3.11の時
暗い気持ちを元気づけてくれたのはSMAPの歌。

その後、5年たった今でもずっと募金活動をテレビで呼びかけているのは彼らだけ。

メンバーみんなが一生懸命頑張ってる姿に元気をもらってる人多数。
優しい人柄、笑顔に癒されている人多数。

だから
「解散しないで!」って、SMAPファンじゃない人まで思ってくれている。

そんな人の良い彼らが 
義理のある生みの親の事務所を捨てて、
育ての親のマネージャーを選んだのは苦渋の選択だったのかもしれない。

彼らには、
もしかしたらSMAPじゃいられないという覚悟があったのかも?
もしかしたら、もうSMAPはイイや。って思ってるのかも?

もしそうなら、
ファンが「辞めないで!」って懇願することで
彼らに嫌々頭を下げさせ、針のむしろの事務所に戻すのは
すごく残酷なことなのかも…って

ふと、考えたりもした。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する